第二十八日 限界突破/Break through

好きなアイスはアイスボックス、永井盛久です。これから暑い日が続くと思うのでアイスがもっと美味しくなりますね。

 

さて、今日は実案件のプロトタイプの締め切りでしたが、残念ながら失敗に終わりました。想像していた綺麗な予測線とは程遠く、実際のグラフは全く期待通りに動いていなかったので、見ているだけでは改善方法が見えないほどです(笑)。悔しいですが、来週はもっとまともなグラフを表示できるように作業をしていきたいと思います。基本的なデータ加工を間違えているのかも・・・何がともあれ、最後まで諦めずに、完成まで持っていくことを目標に頑張ります。

 

実案件には練習とは違う面白味がたくさんあります。課題がつまらないというわけではないのですが、やはり何かが違う感じがしますね。例えば、課題だと機械学習に適したデータを渡されて処理します。こうすると、データを加工しなくても特徴量抽出に入ることが出来ます。しかし、実際のデータは必要なパラメータ以外にも多くの情報が含まれており、その加工をしなければ機械学習の作業に入ることも出来ません。

 

f:id:acroquest:20160715194732j:plain

 

作業がもっと大変になったのに楽しく感じる・・・おかしな感覚ですよね(笑)。なんか、こう、表現が難しいのですが一筋縄では行かない感覚が好きなんです。自分が難しい作業をすることによってもっと成長するのではないかという期待が生まれますしね。

 

更に、実案件には締め切りという名のスリルがあるので気が付けば人生上、一番長く集中していたりと、自分のポテンシャルを軽く超えてしまう事があります。まあ結局プロトタイプは完成しなかったのですが、今まで以上に努力しましたし、集中も出来ました。このプレッシャー下で作業することでもっと自分が成長できるのかなぁと思うとわくわくします。

 

ある程度自分の情けなさに凹む事もありますが、それ以上にインターンの作業が楽しい・・・そんな実案件の作業をインターンで経験できている私は本当にラッキーだと思います。

 

インターンをすることで自分の限界を超えて新たなポテンシャルが生まれるも・・・?なんか響きがお洒落すぎるような気もしますが私はもっともっと成長できる事を確信しています。皆さんもインターンを通して、限界突破を目指してみてはいかがでしょうか?

 

P.S. 英語の記事追記しました。

 

永井盛久

 

Today, I was supposed to finish the prototype of my machine learning project, but I was not able to complete the task. Honestly, I imagined my graphs to be perfect, or at least close to perfect, but the actual data that came out was just a mess. Although I am sad about the fact that I did not get an accurate result at all, I hope to continue to work on this and make the graph closer and closer to what it should be.

 

Real life project has much more exciting qualities than just working on a simple task. I am not implying that the task that I did to learn machine learning was boring, but I am saying that real life project is much harder, and much more exciting. For example, you would not have to do anything to the data in a task because it is designed for machine learning, but you need to do so much editing of the original data in order for you to be able to process it using machine learning. Real data contains information that you don’t need, so you need to get rid of them before you do anything to it.

 

This week has not been a great one, but honestly I have been having so much fun working on my machine learning project. I mean, I just feel like I am having much more fun working on hard projects, rather than easy stuff if that makes any sense. 

 

 

I am greatful of the fact that I get to actually work on a project that could potentially become a business as an intern. I feel like I am breaking through different shells or walls that I had around me as I learn new things in this internship. I only have 3 weeks left but I will keep on improving by breaking through what I thought was my limit. 

 

 

Morihisa Nagai

第二十七日 初心に返って/Reminder to self

一番最初に買ってもらったゲームはゲームボーイポケモンクリスタルでした、永井盛久です。それ以来xy以外のシリーズは全てプレイしています。

 

最近は作業に遅れが出てしまい、少したるんでいる気がするので自分への戒めも含めて今日の記事を書こうと思います。 

 

第二日目のブログにて、私は3分ルールについて話しました。これは3分間悩んだらすぐに上司に質問をするというルールですが、最近自分はこのルールを全く守れていないのです。変に少量の知識を付けたせいかわかりませんが、自分で少し考えればわかるだろうと思い始めてしまって・・・

 

この「質問する」というテーマは二か月半全体の課題だと自分自身が言っていたのに全く成長していない・・・いや退化してしまっている事に失望しています(笑)質問すべきタイミングで質問をしないため、上司が打ち合わせに入ってしまったりして作業が進まないんですよねぇ。完全に自業自得です。

 

最終的に、成果を出さなければいけないので、質問をすることによって作業がより進むのであれば質問をした方がいいです。さらに、Acroquestでは質問することを推奨しているので質問をせず一人で悩む理由が逆に無いですよね。

 

f:id:acroquest:20160714184714j:plain

 

更に、報告回数が減ってきてしまったせいで、対策を練るタイミングが遅くなっている気がします。単純に忘れている事が多いのですが、たるんでいる証拠だなぁと最近になって実感しました。(恥ずかしい・・・)実案件に入って、締め切りもあるのでコミュニケーションはいつも以上に重要になってきます。「忘れちゃった!」なんて呑気に言っている暇はないですね(笑)

 

対策としてはオフィスに置いてある砂時計を利用して、何分間自分が詰まっているのかを明確にして、二回砂時計をひっくり返してもわからない場合は席を立って質問していくことを徹底したいと思います。また、報告に関しては、Acroノートの予定の部分に報告も入れることで報告漏れを防いでいこうと思います。これで私がどれだけ改善できるか、乞う、ご期待!

 

Acroquestはコミュニケーションを重要視している環境を作っているのでインターン生として私は本当に恵まれていると思います。それなのに、基礎的な質問する事や報告することを抜かしてしまうのはおかしいですし、もったいないです。せっかくのインターンシップなので、やはり私は結果にこだわっていきたい・・・(詳しくは第一日目のブログへ)そのためにも初心に返り、基本的な事を一個一個出来るようになることが大事なのかもしれません。

 

残り3週間、再度気を引き締め直して頑張ろうと思います。

 

 

永井盛久

 

 

Pokemon Go!! has been super popular in United States, but it is unfortunately not offered in Japan yet. I really would like to try it though.

 

Recently, I feel like I have been slacking on my work ethics, and I need to remind myself on what I need to do in order to make progress and produce something. So today, I would like to write this blog to remind myself on things that I decided to do.

 

On the second day, I wrote that there is an interesting rule at Acroquest where you should ask questions if you have been stuck for more than three minutes. To tell you the truth, I have not been able to follow this rule at all recently. I feel like this is because I have some minimal knowledge about Python, and I feel that I can figure things out on my own even though I can’t. Because I am not asking questions when I should be asking questions, I get stuck on something when my boss isn’t around. I can’t blame this on anyone but myself.  

 

Ultimately, the goal is to produce something, and if asking question will allow me to do that, then I should ask questions. Acroquest suggests asking questions, so there isn’t much reason for me not to ask questions. I honestly don’t know why I have been this stubborn about this.

 

Also, I have been lazy on reporting my progress to the boss. I think I am just forgetting about reporting because I am too focused on my task. Now that I am working on new project, I need to communicate with my team more than before to make new progress.

 

To counter this, I will use a timer when I work to track how much time I am spending on single problem that I face, and I will stand up and leave to ask questions after certain time. Also, I will write in the times I need to report in Acronote so that I will not forget.

 

Acroquest focuses a lot on communication, and they built a great environment for interns to ask questions to people. If I don’t use this advantage fully, I am wasting my time. In the end, I want to produce something cool too. So in order to do that, I will remind myself on what I should be doing once again, and work on my project with focused mindset.

 

 

Morihisa Nagai

第二十六日 苦戦/Struggles

一番好みのドレッシングは青じそドレッシング、永井盛久です。日本でしか食べられないので、帰国した際は必ず和風か青じそドレッシングをかけてサラダを食べます。

 

もう夏休みが一か月しか無いと考えるとぞっとします。おそらく今年は自分が過ごした夏の中で一番有意義に時間を使っていると思います。インターンもしつつ、自分の趣味に時間を費やす・・・完全に理想的な形ですね。

 

そして、インターンも順風満帆で進んでいく、なんてことがあったら完璧なのですが最近は作業が中々うまく進まず大変です。少し最近ブログは自分の成長や活動について話すことが多かったですが、久々にプロジェクトでの苦戦を書こうかなと思います。ブログのタイトルが奮闘記なのに、すべてが順調だとおかしいですしね。(笑)

 

f:id:acroquest:20160712172834j:plain

 

機械学習の実案件に入ってから自分が物凄く実感していることは、圧倒的技術力不足です。インターン生だからと言っている暇も無いので何とかしないといけない危機感を常に感じています。例えば、基本的な生データから特徴量抽出するためにデータのリストを加工することが出来なかったり、検証したデータを可視化する方法が思いつかなかったりなどたくさんあります。

 

その他にも、実案件に入ってから新しいツールなどの勉強も並行して行っているため覚える事が物凄く多い・・・このツールを使いこなせないとソースコードを書くことも難しい時もあるため、せめてPythonの技術面をもっと鍛えていればなぁと少し後悔しています。後悔したところで何も変わらないですけど。

 

嘆いたところで、一日で技術力が上がるわけでもなく、必然的に上司に質問する必要が出てきます。普通に上司に相談出来ればいいのですが、最近はいつも上司が社内打ち合わせなどでデスクにいない・・・誰かに聞こうにも聞けず作業が止まってしまう事が増えてきました。

 

実際上司がいない状況は頻繁に起こるので対策しきれていない自分の責任ですね。上司からは打ち合わせの予定などを聞いているので、その予定に合わせて質問を用意するなり準備すればいいのですがこれが難しい。自分の課題に向けて何が出来るかを考える力、仕事力も足りないという事です。

 

f:id:acroquest:20160712173105j:plain

 

技術力が足りないのも事実ですが、最終的には仕事力の無さからつながってきているのかもしれません。技術だけではなく、質問するスキルや自分が課題の為に何をすればいいか常に考える事も大事だと実感しました。

 

苦戦している事が必ずしも悪いものだと私は考えていません。逆に簡単なインターンなんてやる意味無いですしね。それに、失敗も苦戦もすべてインターン生にとってはプラスに働くと思いますし。よく聞くフレーズですけど、落胆せずに、前向きな姿勢でこれからも挑戦し続けたいです。

 

ま、まぁ案件が終わるかどうかは私の今後の仕事力次第ですが・・・

 

P.S. 写真探しにも苦戦したため、Acroquestが先週TBSのNEWS23に紹介された際のキャプチャー画像を貼っておきます。

 

 

永井盛久

 

 

Today I realized that I only have a month left for my summer vacation. It two months have gone so fast, and I simply cannot believe that I will be back in the states very soon. I think that this is the most productive summer I have spent, because I am doing an internship while spending plenty of time for my hobby.

 

It would be perfect if my internship is going as smoothly, but unfortunately that is not the case recently. I have been talking about my growth and improvements a lot, but I would like to talk about my struggles that I have been facing throughout this new machine learning project.

 

Honestly, I think that I am having trouble due to my lack of technical knowledge and skill. Because I quickly finished the introductory project using Python, I still lack in basic Python knowledge. It is actually hard for me to do simple Python coding because I have skipped all the basic knowledge I need to operate in Python.

 

In more detail, I couldn’t modify the list that my raw data was in, so I was not able to process the data so that it can be used for machine learning. Also, I was not able to figure out how to load multiple json file at the same time. They are all simple stuff that I was not able to do.

 

You might argue that I should just ask my boss how to do all of that immediately, but my boss has been gone all day today for meetings. I know, I am supposed to prepare my work so that I can keep on working even if I get stuck on something. Although I understand it in my head, it is actually hard to convert it to an action.

 

It is true that I lack in technical skills. However, I think that this all leads up to my lack of planning skills. I won’t be able to improve on my technical skill in a single day, so it is up to me to improve on my planning skills so that I can overcome technical difficulties by asking questions.

 

Overall, I feel that I am struggling a lot but I don’t necessarily think that that’s a bad thing. If everything is easy, then there is no point in doing an internship anyway. Hopefully, I can keep working with my positive mindset so that I can keep on learning.

 

 

P.S. I also struggled to find pictures for my blog so here are the capture shots of our company when we were introduced in TBS’s NEWS 23

 

 

Morihisa Nagai

第二十五日 振り返り (二回目)/ Looking back(2)

今週末初めての投票をしてきました、永井盛久です。小学校で投票する事や、投票プロセスの簡単さなど、色々驚かされた一日でした。

 

それはさて置き、一週間もブログを放置してしまって本当にごめんなさい!実は月曜日の午後あたりからオフィスで高熱を出してしまい、一週間お休みをもらっていました。医者に診てもらったところ胃腸の炎症だったようで、今週からやっと固形物が食べれるようになりました。大分よくなったので今週から復帰します。

 

いやぁ本当に体は大事ですね。体がしっかりしていないと作業も何も出来ないですし、色々な人に迷惑をかけてしまいます。特に疲れていると感じていなかったのですが、自分が思っているよりも体は疲弊していたようです。思い返せば、インターン外でも色々な活動をしてましたし、全てを含めた結果かも・・・ 私の上司の言う通り、「体が資本」なので、無理せず作業に取り組んでいこうと思います。

 

気が付いたらインターン日数が残り一か月を切っていたので第二回の振り返り企画をしたいと思います。

 

第八日:

  • 仕事力とはなんぞや
  • ゴールが何か考える
  • ゴール達成のために何が出来るか

 

この日は今まで自分の人生の中でなかったコンセプト、仕事力について書いています。最初は仕事をこなすためにどのようなステップを踏めばいいか考える時間が多く、一つの作業に時間を使いすぎることがたまにありました。

 

最近はわからなかった場合はこの作業を先に進める、などといった対処法を覚えてきたので時間をなるべく無駄にしない心掛けは出来るようになった気がしています。結局時間を使いすぎてしまう時はまだありますが、前と比べたら仕事力が付いたのかなぁと思いますね。これからの実案件で仕事力のさらなる進化が問われそうなので頑張ります。

 

第十二日:

  • とにかく結果を残したい
  • ホームページの英訳
  • 技術的な結果も残したい

 

このブログ記事は自分が今まで書いた中でもかなりお気に入りな記事です。この記事を書いてから大分立っていますが、まだ目に残る結果というものは出せていません。英訳の資料は作ったものの、まだウェブサイトは完成していませんし、技術的なプロジェクトもまだ始めたばかりです。最終日までには何かしら形に残る結果が出せるようにしたい・・・今日の打ち合わせで実案件の段取りが決まったのであとは自分次第ですね(笑)

 

f:id:acroquest:20160711174114j:plain

 

第十四日/第十五日

  • 最初は危機感
  • 次第に使命感

 

これは、自分が初めて締め切りのある案件の作業をしていた時に書いた記事ですね。実際にいつも感じているプレッシャーが変わったことを今でも覚えています。今、機械学習の実案件の作業をしているのですが、危機感の方が圧倒的に強いですね。(笑)一週間休んでしまったため余裕が完璧になくなりました。このプレッシャーには慣れそうにないですが、気持ちは熱く、頭は冷静に作業を進めていけたらなと思っています。

 

やはりブログは自分が今までやってきたことを分析して成長するにはもってこいですね。何事も復習が大事なので、それにブログはもってこいですね。結構おススメです。皆さんも是非トライしてみてはいかがでしょうか?(毎日書かないと効果激減ですが・・・)

 

いずれにせよ、メタ的認知をして行動に移すことは何をするにあたってもプラスになると思うので、インターンを考えている皆さんも意識してみてください。

 

後もう一回くらい振り返り企画はやると思うのでお楽しみに。

 

永井盛久

 

 

I went to vote for the first time ever in my life this weekend, and I was surprised on how simple the voting process was.

 

Anyways, I am sorry that I didn’t write any blog post last week. I actually got a fever during work on Monday, and I had to rest for the rest of the week. Apparently, I had some issues with my digestive system, and I was not able to eat anything. Fortunately, I am gradually getting better so I will get back to work from today.

 

I realized how important your health is, because you need your body to be healthy in order to actually work on your project. My new machine learning project has a deadline, so I really need to be careful from now on about my health so that I can finish the project on time.

 

Because I had to rest last week, I have less than a month for my internship. I think it’s the right time to go over what I have done so far for this internship and what I have improved on.

 

The eighth day:

  • What is the will to work?
  • What is your goal?
  • What can I do to achieve this goal?

 

I wrote about the concept of the will to work. At first, I wasted a lot of time thinking what I am supposed to be doing, but now I am using those time to actually work on something. Because I can plan my schedule better now, I can plan out things to do if I get stuck on a project. Although I still sometimes waste time thinking about what I can do, the time I spend on that is getting shorter and shorter.

 

The twelfth day:

  • Want to leave results
  • Translating the website
  • Want to leave technical results

 

This is one of my favorite blog post that I made about leaving legacies. Although it has been a long time since I’ve posted this, I have not made a visible accomplishment yet. I will do my best to complete my machine learning project so that I can leave an impression that I was an impressive intern.

 

The fourteenth day/fifteenth day:

  • First, sense of danger
  • Then, sense of determination

 

This is a blog that I wrote during the time when I was working on the translation project. I still remember the change in the atmosphere when I started working on an actual project with deadline. I still am not used to this atmosphere but I will try to work with passion in order to achieve my goal.

 

I realized once again that blog is a really useful tool for looking back on what you did and come up with a method to improve yourself. Maybe you should give it a shot as well.

 

 

Morihisa Nagai

 

第二十四日 プロジェクト外の活動/Activities outside my project

好きだった小学校の給食メニューはコーヒー牛乳でした。永井盛久です。コーヒー牛乳の次点ではきな粉味の揚げパンですかね。

 

なんと本日、ブログのアクセス数が2000件を超えました!本当にありがとうございます。これからも、ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

さて、今回のブログですが、最近のプロジェクト外の活動について書きたいと思います。

 

前にも話しましたが、現在週二回、英語のレッスンを行っています。昨日のレッスンでは、まず慣らしにフリートークを。そして、本題の上司、同期、そして部下に対してどのように英語の言い回しを使い分けるかについて話しました。私は教える側なのですが、色々な質問から学ぶことも割と多いです。

 f:id:acroquest:20160701162443j:plain

 

例えば、”Must, Should, Would, Could, May, Can, Will…”などの言葉のリストの中で、どれが一番強い言葉かランク分けしていた際に、「ニュアンスの違いもありますか?」と聞かれて、「ああ、それもあるなぁ…」と考えさせられたりしました。いやぁ英語って難しい。(日本語より簡単ですが)

 

そして今日はなんと、ランチ時にアメリカの教育で習ったプレゼンテーションの知識を発表させてもらいました。まさか20人以上集まるなんて…緊張しすぎて最初は噛みまくりでした。(笑)内容としては、自分が個人的に気を付けている事、学校で教わるプレゼンスキル、そしてAcroへの提案についてプレゼンしました。写真を背景にしない事や、赤と緑を合わせて使わない事。自分が今まで習ってきたプレゼンテーションについての知識をすべて共有したつもりです。

 

f:id:acroquest:20160701162535j:plain

 

きっかけは、私が先々週の英訳プロジェクト中に英語のレビューに加えて、プレゼンテーションその物に対しても発言していたからです。正直、こんな機会をもらえるとは思ってもいませんでしたし、多くの人に参加してもらえてすごくうれしかったですね。そして、プレゼンが終わった後に中々面白かったという声をかけてもらって安心しました(笑)

 

やはり、会社にとってインターン生を取ることはかなりの負担です。特に、私の上司や周りの先輩方の効率は下がってしまっています。それなのに、私だけ経験を吸収してしまうと一人だけ得をしているようなものです。なので、私が知っている会社にとってプラスになる情報をこれからも共有していくことによって、お互いにwin-winのシチュエーションを築きたいと思います。

 

 

永井盛久

 

 

The number of access of this blog has gone over 2000 access! Thank you so much and I will work harder to make better blog posts.

 

Today, I would like to talk about my recent activities outside my main machine learning project.

 

As I said before, I have been giving English lessons twice per week, and in the most recent lesson, I talked about how to change the way you talk depending on who you are talking to. Even though I am the teacher for these lessons, I usually learn new thing about English from the questions that I get during the lesson.

 

I had a lot of trouble explaining the clear difference between words like ‘Must, Should, Would, Could, May, Can, Will’ . Not necessarily because they are hard to explain, but because there are some nuance things that can’t be learned unless you go to English native speaking country.

 

Today, I gave a presentation about all the presentation skills that I have learned through American education because Japanese schools don’t really teach their students about presentations. I was really surprised when I first heard that there were more than 20 people signed up for my presentation.

 

I talked about how I was taught to not use pictures as background, and not use distracting colors. Also, I talked a bit about the existence of a rubric. I am thankful that I get opportunities like this to present my knowledge to the company because it feels like I am contributing to the company’s growth. (I know, it’s not too much but still.)

 

As I mentioned before, having an intern is very hard for the company. They all have to help out the interns when they have questions. If I don’t do anything for the company, it feels like I am just stealing skills without giving anything back. Through these presentations, I hope to create a win-win situation with the company by providing knowledges that I have acquired.

 

 

Morihisa Nagai

 

 

第二十三日 成長/Progress

絶叫系はかなり苦手、永井盛久です。ジェットコースター、お化け屋敷、ホラー映画/ゲームなどすべて苦手です。

さて、実案件の導入を今日受けたわけですが、ものすごい面白いことになりそうです。自分がやってきた課題のステップとほぼ同じ作業工程なので、自分がこの一か月でどれだけ成長したか試せるいい機会です。最終的には形に残るような成果を出せると良いんですが。


f:id:acroquest:20160630170714j:plain
今日、今まで一か月間技術的な研修を受けて、自分でも初めて成長したなぁと感じた場面がありました。それについて話したいと思います。

最初にAcroquestに来た時、私はプログラミング経験が全くなく、どの作業をするにも調べる事が必要でした。実際にプログラミングをしている時間はほんの少しで、学習に費やしている時間の方が圧倒的に多かったです。それに対し、最近はある程度知識量が増えてきたので、あまり調べなくても何をすればいいかが分かるようになりました。

 

少し前から、Pythonについての知識はついてきていたのですが、問題を発見することは自力では出来ませんでした。つまり、レビューをするまでは、自分がどの工程を間違えてコーディングしているか、まるでわからなかったのです。しかし今日、やっと初めて自分で原因を発見し、コードを修正することが出来ました!


ほんの少しの事かもしれませんが、自分が成長している!。。。と実感できる事は、うれしいものですね。

 

f:id:acroquest:20160630171537j:plain



この成長は、私が毎回レビューの後に「同じ間違えをしない」という心掛けがあったからだとおもいます。実際に、今回自分が発見した問題は、違う場所で指摘された問題とほぼ一緒だったのです。この時、しっかり前回教えてもらった修正方法を覚えていたので、スムーズにコードを改良出来ました。


今回の出来事によって、一度やった事に対しての反省や振り返りは本当に大切で、無駄にはならないと実感することが出来ました。そして、これからも、これで満足せずに、さらに上を目指して前進していきたいと思います。残り一か月、さらにギアを上げて突っ走ります。

P.S.昨日はWBSの「カイシャの鑑」でAcroquestが紹介されました。写真は、会社のバー、Eclipseで社員が集まってWBSを見ている様子です。(自分は自宅で見ました)

 

永井盛久

 

 

Today, I was introduced to my actual project for this internship, and it sounds very exciting. I can't wait what my program can provite to our business partner. Although it sounds very hard, I am sure I can create some sort of program that can lead to future development. 

 

When I was finishing off my previous project, I noticed my improvement in the technology side so I would like to talk about that today. 

 

Before I came to Acroquest, I had no knowledge of programing, so I had to do some research before doing anything else. Therefore, I spent a lot of time researching and not too much on coding. However, I got used to Python and now, I can use the program without looking up too much on Google

 

I have been getting used to the program since a little ago, but I was not able to find mistakes in my code until the review session. Today, I was able to find the core problem to my code, and I was able to resolve it on my own. Even though it's not much of an accomplishment, I am happy to find out that I am actually making a progress. 

 

I think that I was able to find and fix my problem quickly today by always trying to remember to not make the same mistake. Because of this, I was able to use the method that I was taught by my boss to make my code better. 

 

This gave me the confidence that I am on the right track, and hopefully, I can keep this up for another month. 

 

Morihisa Nagai

第二十二日 興味本位だっていいじゃないか/As long as you are interested

好きなゼルダの伝説シリーズトワイライトプリンセス、永井盛久です。小さい頃は怖くてクリアできなかったのですが、6年か7年の時を経て去年クリアしました。

 

先週は取材が来ていたという話をしましたが、今週の水曜日、6/29 23:00からのテレビ東京ワールドビジネスサテライト」のコーナー「カイシャの鑑」でAcroquestが会社の仕組みについて紹介されることになりました!自分は一言だけカメラに向かって話しました。(使われるとは言っていない)ただし、放送日は変更になる可能性もありますのでご注意ください。

 

f:id:acroquest:20160628174342j:plain

 

さて、今日のブログはランチで話した事について話そうかなと思います。

 

前に、Acroquestではランチ中に勉強会やミーティングがあるという話をしました。しかし、たまに何も予定が無い日も勿論あります。予定が無くても、Acroquestでは、他の社員とランチを食べるようにしています。これは、いろんな人とランチに行くことによって、新しい情報や共有をしたり、常に新しいことを勉強することが出来るためです。

 

今日、久しぶりに予定が無かったので、あまり私とご飯を食べる機械が無かった先輩にご飯を誘われた後に、興味本位で一緒にランチすることにしました。

 

予定が無い日のランチは大体雑談をするのですが、今日はガンダムについて話しました。え?ガンダム?と思った方もいるかもしれません。自分も正直思いました。ただ、意外とその内容が面白かったのです。

 

ガンダムのストーリーが割と現代政治に似ているとか、石油関係の話を再現しているとか・・・内容は仕事に関係はなかったですが、面白いなぁと思いましたね。特に自分はガンダムについてあまり詳しくないので。あんまり固く考えず興味本位で行動するのも悪くはないなぁと実感しました。

 

f:id:acroquest:20160628174159j:plain

 

 

なので、前にインターンをするにあたってなぜインターンをするのか考えてほしいと書きましたが、その理由が、単純に興味が湧いたからでもいいと私は思っています。なぜなら、その興味の湧いたことに対し行動に起こせるチャンスが生まれるからです。実際に行動に出来るかは別の問題ですが、チャンスがあるか無いかでは大きな差があります。

 

これから夏休みが始まり、インターンシーズンが始まります。是非、皆さんもこの夏、インターンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

永井盛久

 

 

I am sorry that this English post is coming a little late. I did not have the time to write the English blog at the office, so I am writing this from my house. 

 

Anyways, I would like to talk about today's lunch. I mentioned before that usually we have meetings during lunch time to improve the company, but some days we don't have any meetings, so different staff will go to lunch together. The reason why we do this is to communicate different information and keep learning from each other. 

 

Today, I was invited by one employee that I usually don't eat lunch with, so I decided to join his group for lunch. I didn't really have any reason to reject his offer, and also I was kind of interested in things that we might talk about. 

 

We started talking about Gandam. Yes, Gandam. I know, it's pretty random but it was really interesting to know that many of Gandam series were based off of political situations. Although we did not talk about the work, I had a fun time learning about different stories behind Gandam series. 

 

I remember saying before that you should ask yourself why you want to do an internship. I think that your reasoncould be something like "Because I was interested in it." I think that if you are interested in something, it is easier for you to actually make an action. The fact that you are giving the chance for you to act is definitely a great start for something new. 

 

We are now approaching the internship season. So I hope that you will consider, or at least be interested in different internship programs. 

 

 

Morihisa Nagai