第三十五日 ブログの成果/What I learned from writing blog posts

今年のお盆休みは徳島県に行く予定です、永井盛久です。車で東京から行くので長旅になりそう・・・皆さんはどの様にお盆休みを過ごす予定でしょうか?

 

気が付いたら30回以上ブログを更新していました。一か月分書き続けていたのにも関わらずブログを書くペースは中々上がりません。いや、もしかしたらペースは少し落ちているかも(笑)。本当はネタ切れなんて言えない。

 

正直、ブログを毎日書くのは大変ですが、ブログを書くことからのメリットや、思わぬ発見もありました。なので、今日はこれについて少し話したいと思います。

 

前にも書きましたが、ブログは自分の頭の中にあることを文章に起こすので考えていたことの整理がつきます。インターン中は、一日でたくさんの指導や指摘を受けるので混乱状態になることもあり、一気にすべての事を反省するのは無理です。また、反省点を書き出さないとすぐに忘れてしまいます。しかし、ブログを書くことで自分に何が足りていないかを明確にすることが出来ます。

 

f:id:acroquest:20160727173043j:plain

 

例えば、私は先々週あたりに上司への報告が遅れたり、質問するタイミングを逃したという事を書きました。勿論これが自分のミスだという事は当時でもわかっていましたが、ミスを書いただけでは成長しません。自分が書いた記事を後から読み直すことによって反省点と対策が頭に浮かび、次の日から行動に移すことが出来るのです。その結果、数日後のブログでは反省点の修正が出来たという記事がかけました。

 

継続は力なりと言うように、一つの事を続ける事には努力が必要です。ただ、ブログを更新し続けて思った事は、継続するだけではなく、毎回工夫をして前より良いものを作る努力が大事だという事です。これは、ブログの記事内容もそうなのですが、ブログデザインなども含めての話です。

 

常により良い物を作ろうと思うことをブログで意識してきたのですが、最近はこのメンタリティがプロジェクトにも繋がってきている気がしています。例えば、地道に予測線の精度を上げるプロセスは、より実線に近づけようというマインドセットの元作業をしています。ブログを始めた当初は全く意識していなかった点ですが、結果的にこのような考え方が身について本当に良かったなぁと思いました。

 

ブログの更新も残り7回、もっと面白いよう記事を書けるように頑張ります!!

 

 

永井盛久

 

 

 

After the internship, my family and I are going to Tokushima by car from Tokyo. It will probably take around 8 or more hours, but that’s not really a big deal in the U.S. right?

 

Anyways, I realized today that I have written over 30 blog posts now. Even though I wrote a month worth blog posts, I still take about an hour or two to write a single post. Maybe I am getting slower at writing these blogs. I wonder why.

 

To be honest, writing a blog post every day is not easy at all, but I realized that this blog has been helping me learn in many ways. Today, I would like to talk about the benefits that I gained from these blogs.

 

I wrote before that writing blog post is very useful when you are trying to organize your ideas. During an internship, you will be pointed out on many different things, and you might get confused about what to do. By writing everything out into words, it will be easier to go over the things that you were pointed out on, and think of the solution.

 

For example, I wrote few weeks before that I was not reporting my progress to my boss very well, and I was not asking questions at the right time. I knew I was making mistakes but I was not able to really process it clearly in my head at that time. However, after reading my blog post on this, I was able to correct my actions the next day and was able to write a new blog post about how I corrected my mistakes.

 

Continuing something for a long time is difficult, but I realized that you shouldn’t just stop trying hard on continuing something, but you should try to keep on improving at something. What I mean is that I am constantly trying to make my blog better. This applies to my blog posts, and also the design of the blog.

 

This mindset of always trying to make things better has carried over to my actual project now, and I am constantly trying to find ways to make my prediction more accurate. Although I was not expecting to get this from operating a blog, I am glad that I was able to gain something good unexpectedly.

 

7 blog pots are left. I will do my best to write more interesting posts from now on.

 

 

Morihisa Nagai

第三十四日 インターンのススメ/Internship tips

今年のツール・ド・フランスが終わって、寝不足が解消されそうな永井盛久です。丁度深夜ごろにフィニッシュするのでどうしても遅くまで見てしまうんですよねぇ。

 

とりあえず、今書いているプログラムの未来予測線の精度は少しずつ上がっています。ただ、残り時間があまりないため、実案件につながるものが作れるかどうかは少し微妙なところです。今のところ、毎日少しずつプログラムが良くなっていっているのでこれを続けられるように頑張りたいですね。

 

さて、Acroquestでは今週から短期インターンが始まるので、二か月ちょっとインターンをしてきた私からのアドバイスを少し書こうかと思います。あくまで個人的な見解なので参考程度にどうぞ。

 

まずは一番大事なことから。それは前向きに物事を捉えてほしいという事です。インターンでは作業面での指摘もよくされますが、それ以外にも社会人としての振る舞いや行動について指導を受けることも多いです。その際に「あぁやってしまった・・・」と落ち込む前に、次からは同じ指摘を受けまいという前向きな姿勢を取ることをお勧めします。

 

私も家に帰ってから落ち込むこともごく稀にありますが、指導は今後自分の為になるのでなるべく前向きにとらえるようにしています。指導を受けた時点ではそう考えることが難しいかもしれませんが、何日か経つと「確かにその通りだ・・・」と納得することが多いです。一日のインターンシップは本当に短いので、落ち込んでいる時間はあまりありません(笑)。なので、より多くの経験を吸収するため、常に前向きに作業してみてください。

 

f:id:acroquest:20160726191016j:plain

 

 

後は、経験上自力でがどうしても出来ない作業が出てくる可能性があると思います。(逆に全部出来たら面白くないですよね。)その際は、自力ではどうにもならないので、その作業をクリアするにはどのようなアクションを取ればいいか考えてみてください。例えば、プログラミングで作業に詰まった際、自分でコードとにらめっこするのではなく上司に聞くなど色々あります。どんな行動を取ればその壁を越えられるかが大事なので、是非意識してみてください。

 

インターンシップは新しい体験を出来るいい機会です。なので、これによってより多くの人に、より多くの経験を吸収してもらえたらなと思います。

 

 

 

永井盛久

 

 

This year’s Le Tour de France has finished, and now I can go to bed a little bit earlier. The finish of the stage is always around midnight in Japan, so I always end up staying up late to watch the race.

 

Acroquest will start its short internship from this Thursday, so I decided to write about some tips for the internship. This is just coming from my personal experience, so this might not apply to your internship. Hopefully, it can relate with some people though.

 

The most important thing in my personal opinion is the mentality to always keep on trying. You will definitely get lectured on a lot of things, and that may be about your project, or it may be about the way you act in the office. My suggestion is that you should try to learn as much as you can from what your boss said and don’t get discouraged about the fact that you were lectured on something.

 

I too sometimes get discourage about what I got lectured on. I would get pretty depressed about the fact that I made such mistakes. However, I know that what I get lectured on is beneficial for my future. Usually after few days, I would realize that what my boss said is right. I have plenty of time to reflect on my mistakes because I am here for a long time, but many of you will be here for only a single day. You really don’t have time to be sad about what your boss said. To make your internship as fruitful as possible, I suggest you to not get discouraged when you get lectured on something.

 

Also, you will definitely get hopelessly stuck on something. (Maybe you won’t, but then that’s no fun right?) When that happens, I hope that you will find a way to make things work. That was a really general statement, but let me give you an example. I sometimes get hopelessly stuck working on my program. I would use google and look up all the errors I get. If you ever get in a similar situation, you should never hesitate to ask your boss because that will get you through the problem.

 

Internship is a very good opportunity to experience new things. Hopefully, this post can useful to those who are going to internships.

 

 

 

Morihisa Nagai

第三十三日 慣れ、そして変化/Getting accustomed

通信制限を食らったため、ポケモンGOが出来ません、永井盛久です。家でWi-Fiがある時にピカチュウを三体捕まえましたが、歩きながら出来ない事が少し残念です。

 

二か月半というインターンシップ期間もあっという間に過ぎ、残り二週間となりました。成果発表会の日程も決まり、そろそろ成果を出し始めないとやばいなと感じています。今のままだと突破出来る見込みは良くて4割程度・・・いやぁ本当にやばい。まぁこれで焦ってもしょうがないので、やばいという危機感を忘れずにしつつ冷静に作業を進めていきます。そして、最終的には私の作ったプロトタイプが実際の案件に繋がればいいなと思いますね。

 

今日はAcroquestに慣れてきたんだなぁと実感する瞬間について少し話します。

 

まず、掃除を毎日行っているためか、社内でも、社外でも「ここの場所ほこりたまってそうだな・・・」と常に考えるようになりました(笑)。最近は割と毎日オフィス内でほこりが溜まっている箇所を発見していますし、家での自分の部屋を見る目が変わりました。おそらくここでインターンをしていなかったら掃除の意識なんて変わらなかったと思います。

 

f:id:acroquest:20160725183425j:plain

 

 

また、Acroquestには18:15から五分間メディテーションがあり、作業をストップしてリラックスをする時間があります。最初はメディテーションと言われてもとりあえずスクリーンを閉じて休むだけだったのですが、今では椅子のリクライニングを一番後ろまで下げ完璧にリラックスできる体制を取るようになりました。正直、初めてメディテーションの事を聞いたときは「変わった制度だなぁ」と思っていたのですが、今では何の抵抗もなく、リラックスできる素晴らしい制度だと思っています。この制度は学校で導入するべきだと考えるほどになりました(笑)。

 

他にも、最近テレビでテクノロジー系のCMや番組を見ているとAcroquestの事業の事をよく連想するようになりました。また、色々な番組を見ていて、「これ機械学習で予測したら絶対効率上がるよなぁ」とか、自分のプロジェクトと結びつけることが多くなりました。今まで何気なく見てきた番組を技術面から考えられる用になっていたので、そういう考え方に慣れてきたのかなと感じますね。

 

作業に慣れてきた事はよく書くので、今日はあえて作業以外の事で慣れを感じた場面を書きました。思い返すと、作業面以外にもAcroquestの影響がこんなにもあるんだなぁと実感できて面白かったです。

 

P.S. 写真は、何かを探している訳ではなく、カーペットのしみ抜きをしている様子です。

 

永井盛久

 

 

I used up all of my cellular data for the month, so I can’t play Pokemon Go!!! while working anymore.

 

Anyways, this two months and a half went by so fast, and I only have 2 weeks left of my internship. I seriously need to start making some progress in order to finish this prototype. Hopefully I will be able to create a good enough prototype that can be lead to an actual program that can be offered to our customers.

 

Today, I would like to talk about things that I have gotten used to after coming to Acroquest for two and a half months.

 

I have gotten really used to the cleanup sessions that we have at Acroquest, and now I am constantly finding different spots that might be not clean both in office and out of the office. I never thought that I would be like this, but it turns out that Acroquest’s morning cleanup session has really made an impact on me. Now, my desk is much cleaner than before in my room, and I plan to keep it clean this way.

 

I mentioned before that Acroquest has five min meditation period to rest our eyes and brains before dinner time. At the beginning, I thought that this was a strange system and I was not able to relax very well. Now, I set my chair to recline as much as it can and fully relax by closing my eyes and listing to calming music. I seriously think that this should be implemented in Japanese schools because people are working way too hard.

 

Lastly, I am now being able to watch TV and think about the contents from technological perspective. Before, I didn’t really think about what was happening behind the contents of the tv shows, but now I am constantly thinking like “If I use machine learning, we can produce this in much more efficiently” or something like that. I think that this is because I got used to thinking in such way.

 

I decided to write about things that I got used to outside of my project because I constantly talk about that. It was interesting to see different influences that Acroquest had on me.

 

 

Morihisa Nagai

第三十二日 インターンの環境/Internship environment

ついにポケモンGOが日本で実装されましたね!まだ私のスマホにはダウンロードされていませんが、家に帰り次第触ってみる予定です。

 

さて、いきなりですが、やっとプロトタイプのグラフが正常に動きました!いやぁ長かった・・・なぜ正常に動かなかったかというと、私が入れてはいけないパラメータを特徴量抽出したためです。まぁとりあえず問題は解決したので、精度を上げていくプロセスに入っていきます。残り二週間しかないですが、最後まで頑張ります。

 

今回、私の作業が進んだのは、上司や先輩方の助けのおかげです。なので、今日はAcroquestがどのようにインターン生に接しているかを私目線から書こうと思います。

 

Acroquestの上司や先輩方は熱意をもってインターン生と接してくれます。私が質問をしに行くと、作業を止めて一緒にソースコードを見てもらったり。また、レビューの時間が過ぎても最後まで徹底してプロジェクトの説明をしてもらったりと、私の成長のために全力を尽くしてくれます。

 

勿論、忙しい時もあるので、私が質問しに行った際に手が空かない時もあります。それでも、いつ頃からなら大丈夫かを教えてもらえるので、「いつ質問したらいいのかな?」と悩むこともありません。その他にも、私が理解できていない箇所があれば、わかるまで詳しく内容を説明してもらえるので、実際にその知識を身に着けることができます。質問すれば答えが返ってくるわけでは無くて、私の学習の為のヒントやアドバイスを教えてもらえます。

 

f:id:acroquest:20160722190020j:plain

 

 

他にも、常にインターン生の事も考えてもらっているので、私の作業効率が上がるための対策なども考えてもらっています。最近では、朝ミーティングと夕方ミーティングのグループを私の上司が入っているグループに変更など色々あります。これは、プロジェクトの情報共有がしやすくなるためですね。

 

さらに、作業などに詰まっている際に気軽に声をかけてもらえる事もすごく助かっています。私が険しい顔をしている際、同じテーブルに座っている社員の方に「大丈夫?」と声をかけてもらえたり、プロジェクトの上司の方がわざわざ席の近くまで来て「順調?」と聞いてくれます。

 

フレンドリーな雰囲気で接してもらい、非常に働きやすい環境で作業をさせてもらえているなぁと私は思いました。そして、その中で色々な経験をさせてもらえてとても嬉しいです。

 

上司や、先輩の方と話しているだけでも沢山学べることがあるので、皆さんも是非Acroquestでインターンをしてみませんか? 詳しい情報はこちらまで。

 

 

永井盛久

 

 

Pokemon Go was finally released in Japan, and I am very excited to play it. Hopefully, nobody will get hurt from playing this game.

 

Today, I was able to fix the graph with a huge help from my boss. I was very happy to see some progress after working on the same graph for more than two days. The mistake I made was that I was putting in the wrong parameter to predict the data. Honestly, I should have known this earlier, but at least I found the problem. Now, I can work on the accuracy of this program.

 

This was all thanks to my boss and other employees in Acroquest, so I would like to talk about how Acroquest treats their interns. (This will be written from my experience working in Acroquest)

 

I have mentioned this multiple times in the past, but Acroquest staff is really passionate about the interns. When I go to ask questions, my boss would stop his work to take a look at my source code. Also, my boss would go overtime if he needs to in order to help me understand what I should be doing in new projects.

 

There are times that my boss is too busy to help me out, but he always tells me when he will be available, so I don’t have to really worry on when I should go ask again. If I don’t understand what he said, he will explain the problem to me in different ways so that I can eventually understand. Obviously, my boss wouldn’t tell me the answer, but he will give me advices and hints that will lead me to the solution. This is good for my learning as well.

 

When I am having difficulties, my boss will come all the way to my desk and ask me how I am doing. Also, the employees at my desk will occasionally ask me how my work is going. Although these are small things, it really does make a difference to my performance.

 

I am happy that I am able to work in such a friendly environment. You can contact Acroquest about the internship from here.

 

 

 

Morihisa Nagai

第三十一日 改善/Improvements

傘を高確率で電車に置いたまま忘れてしまう永井盛久です。最近は雨の日が続くので、電車に置けない折りたたみ傘を使って忘れることを防いでいます。あんまり雨の日は好きではありませんが、関東の水不足を少しでも改善してくれているのであれば文句はあまり言えませんね。

 

今日も、昨日から引き続き完璧すぎるグラフの問題点を洗い出すための作業を続けています。まだはっきりとした原因はわかっていないのですが、大分修正しなければならない箇所が絞れてきたため、明日一気に修正するつもりです。

 

先週、私は上司に質問するタイミングが遅く、プロジェクトが進まないという話をしました。変わって、今日は、割と上手く立ち回れたのではないかなと個人的に思います。昨日の時点から私の技術的上司が昼に外出するという話を聞いていたので朝すぐにソースコードと元データを送ってレビューをまち、その間自分が考えてきたデバッグ方法で作業を進めていきました。

 

f:id:acroquest:20160721182252j:plain

 

他の二人の上司も外出や社内ミーティングなどで午後からずっといなかったのですが、技術的上司から改善すべきポイントや明日に備えてやっておいてほしい事などが送られてきたため、止まらずに作業が出来ました。これは、先週出来ていなかった質問のタイミングを改善できたからです。上司が社外や、社内ミーティングに入る時間を先に聞いて置き、その前に確実に質問をすることによって作業が止まらなくなるので、前打った対策の効果が出ているのだと思います。

 

この様に、上司の予定を踏まえた段取りや適切な報告などは先週と比べて大分よくなりました。たった一日では大きな進歩とは呼べませんが、改善され始めてはいるので、これからも同様に作業に望みたいと思います。

 

段取りや報告面は改善できたものの、まだソースコードの問題点が明確になっていません。これは、私の技術面が未熟なためなのですが、技術力不足も仕事力で補う事が出来ます。一日で技術力をつける事は難しいですが、仕事力はマインドセットだけでも向上出来るので、これから更に仕事力を付けれるよう頑張ります。

 

 

永井盛久

 

 

 

The Japanese monsoon season is still going strong, and we have been having quite a lot of rain recently. Although I am not really a fan of a rainy day, Kanto area is in a serious drought, so I guess this rain is good for those of us living in Kanto area.

 

I am continuing to work on the “too-perfect” graph, and I am still struggling to find the main problem of the source code. To be honest, I don’t know if I can ever find the problem, but I will ask around and see what people think of this code.

 

Last week, I mentioned that I was not doing a good job on asking questions when I am stuck on something, and reporting to my boss on my progress. Today, I feel that I was able to improve on these points. I was told by my boss that he was going to a seminar during the afternoon, so I sent him the source code and the original data so that he can take a look at it and give me a feedback.

 

Also, my other boss and the project manager were either out of the office, or in a meeting at the office. Because I sent my data to my boss, he was able to give me feedback on the source code and what I should be working on. I was able to keep on working because I was quick on asking for help, instead of waiting for a long time. If did not learn from last week, I probably would have waited for too long, and before I could ask for help, my boss would be gone.

 

Although I was able to improve in my way around the work, I still was not able to find the core problem to my source code. Hopefully, I can be better at working so that I can cover my lack of technical knowledge with communication.

 

 

Morihisa Nagai

 

第三十日 ミックスランチ/Mix Lunch

朝、通勤中に濡れた階段で滑り転びかけました、永井盛久です。今の靴は防水なんですけど靴底がツルッツルなんですよね。もうちょっとバランスよく作ってほしいものです。

 

今日は久々に水曜日に出社しました。これからインターン終了まで毎日通勤する予定です。理由として、今行っているプロジェクトの作業が遅れていて、毎日作業をしないと少し厳しいという判断を私がしたからです。時間が増えた分だらだらするのではなく、作業効率を上げ更に良いものを作れるように努力したいですね。

 

さて、今日は作業が少し進んだのですが、今度はグラフが完璧すぎて困っています。機械学習で予測しているので、元データと一致する可能性は極めて低いのですが数値が一致しすぎているんですよね・・・全部正確に一致していたら絶対違うと断言できるのですが、すこーしだけずれていることが更に怪しい。ただ、ソースコードは大分改善されたので、明日また上司と確認しようと思います。

 

水曜日は、毎週ミックスランチという企画が行われていて、私は今回初めて参加しました。ミックスランチとはなんぞやと思っていらっしゃる方に説明すると、職位やプロジェクトが違う人たちとクロスセクションにランチに行く企画です。まず、ミックスランチにはリーダーがいて、そのリーダーのランチに参加したい人が自ら名前を書いていきます。ちなみに、リーダーはベテランから若手まで様々で、毎週変わります。こうすることで、話したい人と話せる機会が出来るのです。そして、そのリーダー枠には社長と副社長も含まれているので、希望する人は自由に話に行くこともできます。

f:id:acroquest:20160720181722j:plain

 

素直に、今回のミックスランチは色々な情報が共有されていて面白かったです。特に、今まで話したことが無かった社員の方のプロジェクトの話を聞いたときはかなり興味深かったですし、私が知らなかった会社の活動を知ることが出来ました。また、私がインターンの話題を出した時も、いつもと違った方向からの意見を聞くことができ、考え方のバリエーションがより一層増えた気がします。

 

たまに、企業内でもプロジェクト以外の人とは情報を共有しない会社があると耳にするのですが、今回のミックスランチに参加して、もったいないなと思いました。まず、他のプロジェクトの事を知ることでコミュニケーションも増え、会社に一体感が生まれます。そして、他の社員の活動を知ることで自ら刺激を受けることが出来ます。

 

もっと早くからミックスランチに参加して色々な情報交換したかったなぁと思いました。そして、ランチ時も会社を良くするための体制を考えているAcroquestは改めてすごいなぁと思いましたね。残り二週間ちょっとしかありませんが、更に他の社員と交流を深めて、刺激をもらいたいです。

 

 

永井盛久

 

 

 

It was raining this morning and I almost slipped down the stairs. My shoes are waterproof, but the sole is very slippery. I wonder why the shoe maker didn’t really think of the sole part of a waterproof shoe.

 

Anyways, my graphs are looking much better today… In fact way too good, and I think that I am making a huge mistake somewhere. Almost all of the data are exactly the same between the predicted values and the actual values. If all the data were the same, I can be 100% sure of this mistake, but few values are different. Hmm, the mystery just keeps on growing.

 

On every Wednesday, Acroquest has this thing called mix lunch, where people from different project groups gather around to eat lunch together. By doing this, people will get the chance to talk to people that they usually never get to. How it works is that there are leaders for each group, and all the employees sign up under different leaders depending on who they want to talk to. The president and vice president are also part of the leaders, so whoever wants to talk to one of them can freely.

 

It was my first time joining this mix lunch, but it was very interesting. I usually only eat with the same people, or people in my same project group, but today, I was able to talk with someone who I have never really talked with. He introduced me different projects that he has been working on, and how it has been affecting our lives. I can’t tell you the specifics, but I never knew that Acroquest was working on such project until today.

 

Also, when I mentioned the topic of internship at Acroquest, I was able to get different viewpoints that I usually don’t get. Overall, I was well motivated, and refreshed after this lunch because I got to learn new things that people in Acroquest do.

 

I wish that I had participated more in these mix lunches because I would have been able to learn more about this company, and what kind of work they do. In the end, I was impressed once again about the stance that Acroquest takes during lunch, because they are constantly trying to make their company better. I only have 2 weeks and a bit left but I will try communicating with more people.

 

 

Morihisa Nagai

第二十九日 問題点を明確に/Determining the problem

三連休は、家族とお寿司を食べに行きました、永井盛久です。久しぶりにスポーツでもしようかなと思ったのですが、暑さが強敵過ぎて・・・気が付いたら連休が終わっていました。

 

今日は、前に英会話レッスンで教えていた内容が役に立った!という報告をミャンマーに一週間出張していた社員の方に頂きました。最初は、英語を教える事に対して少し消極的だったのですが、実際に役に立ったと言ってもらえると素直にうれしいです。これからも、英語面で積極的にお手伝いが出来たらいいなと思います。

 

さて、機械学習の実案件の方なのですが、まだまだ作業が難航しています。グラフは相変わらず思い通りに表示されないので、ちょっと泣きそうになりますね(笑)。今週中にはしっかりとしたプロトタイプを完成させ、来週には精度を上げる作業に入らないともう残り時間が無いので、頑張っていこうと思います。

 

今回、なぜこんなにも作業が難航しているのか。それは私が作業工程のステップごとに確認をしないまま作業を進めて行ってしまったためです。このせいで、ソースコードに問題点がどこにあるのかがわからないのです。今回の件で言うと、私がデータの加工が正確に出来ているか確認しないまま学習のステップに入ってしまったため、学習のステップで間違いが出ているのか、それともデータ加工のステップでエラーが発生したのかわからなくなりました。

 

また、予測データをチェックしなかったために、グラフ化するサイトの設定が間違えているのか、それともサイトに送るデータそのものが間違えているのかハッキリしない状況が出来てしまいました。そのため、一つ一つ間違いが起こりうる箇所をつぶしていくのに時間を無駄にしてしまっています。

 

f:id:acroquest:20160719180823j:plain

 

正直なところ、「もう時間が無い!」と思い、焦ってしまっていたため確認が甘くなってしまったのだと思います。しかし、最終的に、細かくチェックすることに時間を使う方が、後になって問題点を探していくよりも効率的で、成果につながるという事を痛いほど実感しました。作業をユニットに分け、一つずつ動作確認した後に通してプログラムを走らせることで、問題点が明確にする事が容易になり、修正作業がよりスムーズに行えます。

 

問題点を明確にすることに時間を取られないよう、「おそらく」こういう事であろう・・・で済ませるのではなく、100%理解できるようにしないといけない箇所は「確実」に確認するべきだと上司にも言われました。確かに抑えるところを抑えないと曖昧なまま作業が進んでしまい、結果間違えていましたでは笑いごとになりませんからね。

 

やはり、成果を出さないといけないので、最終的にどの方法を選べば結果が出るか見極められるようにならないといけないですね。先週に書いた、報告することにプラスして、作業工程の細かいチェックも残り三週間徹底していこうと思います。そして、ここの意識を高めることで更に結果Drivenになれると思います。 

 

 

 P.S. 今日はランチで一年ぶりくらいに冷麺を食べました。写真はその際の様子です。

永井盛久

 

 

Today, I was told by one of the employee who took my English class that what I taught him was very useful in AcroMyanmer. This genuinely makes me happy, and I hope that I can continue this positive influence within the company.

 

I am still struggling on my machine learning project, and nothing is really going well. My graphs are still chaotic, and I honestly do not know what to do with them. Today, I learned a lesson in a hard way, that I should check my work more frequently.

 

I have spent so much time on trying to find what I did wrong, and I seriously regret why I decided not to check my work more frequently. For example, I did not check if my data was properly processed before moving on to the regression step, so I was not able to tell if my problem was coming from the data processing step, or regression step. Also, I was not really careful when I was trying to get the prediction data, so I was not sure where my mistake was coming from in the graph.

 

Honestly, I was rushing to complete my prototype, so this might be why I did not check my code with my boss more frequently. The reason why I keep on mentioning the word “Check” is because by grouping my work steps and checking each one, I can determine where the error is coming from immediately, if any error pops up after running the code as a whole.

 

It took me a lot of time determining what I was doing wrong, and this is wasting so much time. To prevent this, I really have to keep on asking questions until I am 100% sure of what I am supposed to be doing. If I half-knowingly do something, the program might be completely busted by the time I finish coding, and it will take so much time to fix them.

 

In the end, it is all about getting results. In order to get results fast, I need to be able to determine what kind of method I need to choose. It may seem that checking every step will take a long time; it won’t take as much time as trying to find the source of the problem after finishing all the coding. I will try to remember this as I fix my prototype this week.

 

 

Morihisa Nagai