第三日 学生セミナー

通勤時間に最近よく小説を読んでいる永井盛久です。

 

早速ですが今日は東工大の合同学生セミナーにAcroquestの一員として参加してきました。

 

このセミナーは、東工大に通う生徒が色々な企業のインターンの説明を聞き、質問をするセミナーです。また、企業側としては、多くの生徒に企業の事を知ってもらえるイベントです。自分は実際に長期インターンをしているインターン生として、疑問などに答えられればいいなと思いつつ向かいました。

 

自分はプレゼンテーションをしないので、どうすればAcroquestにより興味を持ってもらえるのかと考えたあと、自分にできる事は素直なインターンの感想を思ったままに話すことにしました。

 

まず各企業が1分スピーチで簡単な説明をしたあとに、学生は興味のあるブースへと動き始めます。その時に自分は声をかけて勧誘する役割を任されたのでなるべく多くの生徒に声を掛けるように心がけました。

 

勧誘するにあたって次回から考えた方がいいなと思ったことは、アプローチの仕方を何通りか考えておいて、様子を見ながら使い分けるということです。Acroquestは色々な事業を行っています。なので、声をかける時に「ITベンチャーに興味ありませんか?」だけではなく、他の事業もアピールできる声の掛け方を次回は意識したいですね。

 

勧誘した後、Acroquestブースにてプレゼンテーションが行われました。その後、インターンの応募希望などが書いてあるアンケートを回答してもらい、質問ができるフリータイムを設けました。

 

質問として多かったのはインターンを実際にやっててどう感じるか。私はインターンのやりがいのことを中心的に回答しました。Acroquestでは、インターン生としてやっている課題やプロジェクトが実際に結果として残る可能性があります。これは決して普通ではなくて、インターンしてる理由がわからないままインターンをしている生徒も多いと聞きます。

 

モチベーションを高く保つにあたって結果として自分の成果が見えることはとても重要です。実際、Acroquestから渡されている課題はシンプルながら現実的にすぐ使えるようになっています。自分が頑張った分だけ結果として残ることに対して、やりがいをものすごい感じている事を話したところ、共感してもらえる場面が多く素直に嬉しかったです。

 

今回のセミナーに参加できてとても嬉しかったですし、楽しかったです。またにたような機会があったら是非とも参加して、一人でも多くの人にAcroquestでの働きがいを知っていただきたいですね。

 

P.S. 写真は後日追加したいと思っています。すみません。

5月26日追記: セミナーの写真です!

 

f:id:acroquest:20160526185456j:plain

 

永井盛久

 

 

 

Today was my third day doing an internship at Acroquest, and I attended student seminor at Tokyo Institute of Technology (TITech). This event's purpose was to allow students at TIT see what kind of internship programs are offered by different companies.

 

I attended this event as a intern of Acroquest, and my mission was simply to invite as many students as possible and answer any questions that they might have about the internship. Although this is a good opportunity for students to see which company they might like, this is also a good opportunity for Acroquest to spread the name of the company to different people. Because I was not giving any presentation, I decided to talk about my honest opinions about the internship at Acroquest with the students of TITech. 

 

After brief introductions were made by all 14 companies and students started to pick which booth they wanted to head to. My job was to invite students, so I decided to approach them by asking if they were interested in IT venture company. I realized that this approach worked for students who were studying informational technology, but it did not really work for students studying other fields. 

 

I realized that I should have come up with different patterns of approaches so that I could get interest of broader range of people. This is something that I hope to fix if I get the chance next time. 

 

After the booth presentation, we passed out surveys for students to fill out to see how many students are interested in the internship. Many students asked me how I feel doing an internship at Acroquest. I answered that this internship feels like I have a clear goal and I can clearly see where I am going. 

 

Sometimes, interns complete tasks that have no meaning whatsoever. However, at Acroquest, you get to see how your project actually relates with real programs that are used in real life work. This is a very good way to keep the motivation high for interns. I was very happy to hear that some students agree with me on this point. 

 

Overall, this was a very fruitful and enjoyable experience for me. I would love to attend these student seminars to spread how rewarding it is to do an internship at Acroquest. 

 

P.S. I will post some pictures later. Sorry.

5/26/16

I posted a picture of the booth from the seminar.

 

Morihisa Nagai