第四日 初めては当たり前

第一週目のインターンシップが一瞬で過ぎていったことに驚きが隠せない永井盛久です。こんなに充実した一週間を過ごした事は初めてかもしれません。

 

正直なところ、この短時間で多くを学び、反省し、そして成長できるとは思ってもいませんでした。毎回反省点を見直すのも大事ですが、今日は最初に少し上達してきたことについて話したいと思います。

 

第一日目に自分が圧倒的に足りなかったスキル、それは段取りにそって作業をするという事。Acroquestでは毎朝Acroノートという専用のノートを使い一日の作業予定を書きます。初日、自分は立てた予定より一時間半以上作業が遅れ何も達成することができませんでした。

 

第四日目には少し変わって、作業の順番は違ったものの、途中まではほぼスケジュール通りに作業ができました。これはノートの取り方や作業にかかる時間の見積もり方を教えてくれた先輩方や上司の方のおかげです。まだまだ予定の立て方は甘いですが、このように少しでも進歩が見られるとこれからも頑張れるような気がしますね。

 

f:id:acroquest:20160526173143j:plain

 

さて、話題は変わるのですが、今日はランチ時プロフェッショナル研修(以降プロ研)に参加しました。プロ研では社員が話し合いたいトピックを決め、それについての意見を参加者全員で話し合いします。話し合われたトピックはすべて会社をよりよくするための考察ばかりです。こういうミーティングの時間を大切にしているからこそ、独特な社風が保たれているんだなと感じました。

 

f:id:acroquest:20160526183323j:plain

 

今日自分が反省しないといけないと思った事は「初めてだから」という言い訳を気付かずに多用していたことです。これからもインターンを進めるにあたって「初めて」に毎日ぶつかるでしょう。しかし、それは考えれば考えるほど当たり前に聞こえてきますよね。

 

「経験したことがなかったから知らないっていう回答は時間の無駄。」

 

まさにその通りです。自分は気付かないまま、経験談でしかディスカッションをできない人間になっていました。話している内容と共感ができないからなんて言う感想を言うのではなく、自分の姿がその場面にあることを想像した、意味のある感想が言えるようになりたいですね。

 

これはディスカッションだけではなくて、作業のほうも同じです。初めてだから予定の立て方がわからないというのはただの言い訳であって、前やったことを参照にしながら大まかにどれくらい時間がかかるのか予想が立てられるようになりたいです。

 

永井盛久

 

 

 

Today marked the end my first week doing an internship at Acroquest and I honestly did not think that I would learn this much in this short period of time. I usually talk about what I couldn’t do that day first but I would like to start off this blog by talking about my improvement.

 

The skill I improved on this week is my planning skill. On the first day, I was not able to complete any of my tasks on time because I had overestimated my abilities. However, I was able to stay on the schedule and complete my tasks on time today. Although I still have a lot to work on in terms of completing tasks on time, it is nice to see that I am slowly, but steadily improving.

 

During the lunch period, I attended a meeting where we all discuss on topics regarding the company that were suggested by people who attended the meeting. It was very interesting because everyone was truly engaged and they all wanted to make the company better. I believe that the reason why Acroquest can keep its unique style is that everyone is passionate about the company.

 

One thing that I need to work on is starting all of my statements with “Because this is my first time…” I did not realize that I was using this as an excuse to not think about what is actually being asked. It is obvious that everything I do is a new experience. That is why I should be thinking about what I would do if I were in a certain situation from my imagination.

 

“If you keep saying ‘I have not experienced this so I don’t know what to say’, we are all wasting time”

 

I was told this during the meeting and this statement is dead correct. They all know that I am new to everything, but they are more interested in what I would do given the explanation about the situation. From now on, I hope to improve on this point not just in discussions, but for my task as well. It is easy for me to say that “I have not seen this yet so I don’t know how much time it will take me”. In the near future, I want to be able to plan my schedule accordingly even if it is my first time doing the task.

 

Morihisa Nagai