第八日 仕事力/Will to work

 

好きなポテトチップスの味はバーベキュー味、永井盛久です。日本ではあまり見かけませんがアメリカではよく置いてあります。次点で海苔塩味が好きなのですが、こっちはアメリカに無く、日本限定ですね。悩ましいものです。

 

さて、二週目も無事に終了することが出来て、内心ほっとしています。少しずつ仕事のやり方にも慣れてきたので、これからもっと仕事力がアップするように意識し、会社の要求に答えられるようになれるよう頑張りたいです。

 

今日は、急遽英訳の仕事を頂いたので、これを優先に来週から作業をする予定です。こうやって自分の得意分野を理解したうえで仕事を頂いているのでとてもうれしいですね。実は仕事を終わらせないといけない期間が決まっている仕事はこれが初めてなので少し緊張していますが、いままで学んできた段取り力を活かして作業に取り組みたいと思います。

 

前回の記事で話しましたが、今日は私の上司が打ち合わせのため、質問が昼の二時までできませんでした。その為に自分は前日に何個かルールを作ったのですが、その中で今日特に意識したのが「10分考えてわからなかったら次の作業に入る」というルールです。結論から言うと、このルールは守れたのですが結局作業に遅れが発生してしまい・・・自分もまだまだ詰めが甘いなと実感する一日でした。

 f:id:acroquest:20160603165426j:plain

 

作業に遅れが発生した理由は自分の仕事力の無さだと私は思います。そもそも、「仕事力ってなに?」と思う方もいるかもしれませんが、上司からは、段取りを立てる力のさらに上の力だと聞いています。具体的には、段取りを考えるだけではなく、ゴール設定を明確にし、自分から何をしたらそのゴールにたどり着けるかを考え、自分から作業に取り込む力ですね。

 

今の自分にはまだ仕事力が足りていませんが、ゴール設定を明確にし、作業を自発的にこなせるようになった時に、「仕事力がアップした!」と感じることが出来ればいいですね。まだまだインターンの時間は残っているので残り二か月、全力で駆け抜けようと思います。

 

Acroquestの内定者が書くブログも面白いので是非チェックしてみてください!

リンクはこちら!

 

永井盛久

 

 

I wrote yesterday that I finished my first phase of my machine learning project, but I got assigned to a new project that has higher priority. This task is due next week, and I need to translate the Acroquest website. I am really happy that the company is assigning me projects that I can excel at.

 

Today, I did not have my tech mentor who could answer my question, so I struggled a lot today as I worked on my project. I had several rules that I made for myself the day before to prepare for today. The rule that I focused the most is immediately moving on to next task if I struggled for ten minutes. Although I was able to follow this rule, I was still behind on the tasks that I needed to complete today.

 

I believe that this is because I am lacking in will to work. According to my boss, will to work is setting goals and actively thinking what I can do to achieve that goal. This is very important because I need to constantly think about what I can do to accomplish this goal, and actually do what I need to work on.

 

At the moment, I definitely lack in the will to work; However, I still have long ways to go. I hope that I can recognize my growth in will to work as I try to set new goals and work hard to achieve them.

 

Morihisa Nagai