第九日 先輩を疑え/Doubt your boss

最近ベースを弾くのが楽しくて仕方がない永井盛久です。深夜までずっと弾いていますがヘッドフォンで音を出しているので騒音の心配はありません。(と思いたい。)

 

毎週月曜日は朝礼があり、社歌を歌った後に発表することがあれば社員が発表します。その中でも、自分が印象に残っている一言は「先輩を疑え」です。非効率な作業をしているなと感じた時に、なぜ後輩は先輩に「これはやる必要があるんですか?」と聞かなかったのか。

 

おそらく、日本の教育がこのような現象を生み出しているのではないかと私は考えます。日本の教育では、非合理的でも先輩に従うということが多々ありますよね。部活の上下関係では特にそうです。非合理的な指示をもらえば誰しも本当にその指示に従う必要があるのか疑うのが普通ですが、先輩命令だからと言って渋々従ってきた方も多いのではないでしょうか?

 

普段から考える力があれば非効率だなと感じることはできますが、それを実際に行動に起こせるかどうかは別問題です。実際に行動に移せなければ意味がないですしね。そのため、Acroquestでは自らの意見をはっきり言える環境が整っているので、思っていることを口に出さないのはもったいないと考えています。

 

このような場所でインターンをしているおかげで、自分は考える力と共に、行動力も鍛えられているのかなぁと思います。ルールだけにとらわれず、自分で物事を考えて動くことも重要です。「○○と言われたからやらない」、とか「○○と言われたからやった。」ではなく、本当にその作業は必要なのか、必要ないのか、大きな視野で物事を考え、支持をもらった発言出来るようになることが大事だと思います。

 

なので、インターン時に無駄な作業をしていると感じたら上司や、先輩に話してみることをお勧めします。最悪、「いや、この作業は必要だと」言われるだけですし・・・発言したことで、もっと有用に時間が使える可能性がありますからね。

 

P.S.最後に話題は変わりますが、英訳の作業をしていると、目がとても疲れてきます。その際のメディテーションは最高に気持ちがよく、リフレッシュできるので学校でも是非導入してもらいたいものです。

 

f:id:acroquest:20160606173955j:plain

この後、何事もなかったかのように作業に戻ります。

 

永井盛久

 

 

 

Translating Japanese into English was harder than I had originally imagined, and translation of technical terms is very difficult. It took me nearly a whole day to translate a single webpage, so I need to work faster and efficiently.

 

Every Monday, we have all employees meeting where people announce events that need to be announced with the whole company. Today, one issue was brought up by the executive vice president, and she told us this.

 

“Always doubt your boss”

 

She wondered why someone decided to listen to an instruction that was simply a waste of time.

 

This is very interesting to me, because I think it’s the Japanese education that caused people to react this way. Japan has a very strict Senpai-Kouhai relationship (pretty much boss-subordinate relationship). This is reflected all through middle and high school, and kouhai would listen to obnoxious requests by senpai because they are simply older than them.

 

I am sure that many people can recognize that the task they are given is a waste of time but not many people ask why they are being told to do the task. In Acroquest, employees believe that they should state what they think at all times. Because I am doing an internship in such an environment, I feel that not only that I am learning how to think, but also learning to actually act upon my thoughts.

 

So if you ever feel like you are doing something useless, tell your boss that you don’t want to waste time. The worst thing that could happen is your boss telling you to keep going on the task. You might be able to spend your time wisely if your boss changes his/her mind.

 

P.S. Working in front of a screen is very tiring, but because of the meditation time that we have, I get to rest my eyes and continue working with refreshed body.

 

 

Morihisa Nagai