第十日 前進/Improve

好きなコンビニのサンドイッチは卵サンドとツナサンド、永井盛久です。

最近は曇りの日が続きじめじめして大変ですね。気温はそこまで高くはないものの太陽が出ていないといつもより元気が出ないような気がします。

 

今日もAcroquestウェブページの英訳をしていました。中々量が多く、英訳も想像以上に難しかったため作業が大幅に遅れています。今週までに終わらせないといけないのですが果たして間に合うのかどうか・・・ いや、なんとしても終わらせねば!頑張れ私!

 

具体的に何に手こずっているかというと、日本語独特なフレーズが使われている箇所の英訳です。英語でそのような表現方法が無いとどのように英訳すればいいかとても悩みます。 たとえば、「実現する」という日本語。英訳ではーmade possibleという表現を使うと思います。しかし、このフレーズは文法的に組み立てるのが難しく、どうしても英訳に悩んでしまいます。上司の方にレビューをもらいつつ、話し合って英訳をしているので時間がかかりますが、同じ間違えを無くし、前進を心掛け、作業速度をアップしていきたいです。

 

f:id:acroquest:20160607200540j:plain

 

さて、話題は変わりますが、今日のランチは機械学習の勉強会のような物に参加しました。勉強会とは言っても、セミナールームという場所でご飯を食べながら機械学習の解説をしている人の動画を見るというものです。

 

「昼休みまで勉強だなんて大変だ」と思われるかもしれませんが、理系なのにずっと英訳していた私の頭には丁度いい休憩時間でした。数式を見て頭が軽くなったことなんて今までなかったですけどね。禁断症状でしょうか?

 

それはさておき、自分はAcroquestがこのように、ランチの時間などを有効活用している点がすごいと感じています。毎日のランチには何かしらの意図が組み込まれています。プロ研では社風について考えたり、勉強会ではお互いの知識を高めあったりなど常に前進しようとしている姿勢が社風にも出ているのかなぁと思います。

 

常に前進しようとしているから社風のレベルをここまで保つことができ、そしてそれをより良いものに出来るかを考えることが出来る。自分も、なるべく多くの知識を吸収して常に前進できるように努力したいですね。ブログの面白さが前進するかはわかりませんが・・・がんばります

 

永井盛久

 

Japanese summer is very humid, and the sticky feeling is slowly killing me every day. I just hope that this monsoon season would end quickly so that I don’t have to feel so miserable every day.

 

Anyhow, I am translating the Acroquest website from Japanese to English but I have so much content to translate than I had anticipated before, and I also have underestimated how hard it is to translate technical terms. I need to finish this task before next week, but I am not too sure if I can make it or not… but I really have to so I will finish this no matter what.

 

What’s giving me the hard time is translation of weirdly phrased sentences. It is hard to explain in English, but there are some phrases that only exist in Japanese. Therefore, when I try to translate, it sounds very weird in English.

 

During lunchtime today, I participated in the machine learning class where employees who is interested in machine learning could come to the seminar room and watch videos about machine learning. Although some people may think that learning something during lunch is terrible, I thought this was a good way to relax from all the translation that I had to do.

 

What always amazes me is that employees in Acroquest are thinking about how they could improve their company all the time. For example, almost every lunch period has some kind of meetings in order to make the company better.

 

This explains why Acroquest can keep its high standards and make things even better. I hope to absorb as much knowledge as possible to keep improving on what I do. Though, I am not too confident about the improvement of my blog.

 

Morihisa Nagai