第十二日 立つ鳥跡を濁したい!!/ Leaving legacies

好きなお寿司のネタはカンパチ、永井盛久です。今朝初めて行きの電車で寝過ごしました。一駅だったので大したことはありませんでしたが、次回からは気を付けます。(笑)

 

英訳の作業も最後の項目に入り、ラストスパートをかけているのですがクオリティを保ったままスピードを上げる事は難しいですね。しっかりと考えないとフレーズそのものの意味が変わってしまいますし、ビジネス英語には慣れていないので本当に適切な表現なのかのチェックも欠かせません。いやぁ、難しい。

 

話は変わりますが、前回自分がAcroに対してどのような考えを持っているか書きました。なので、今回は少し自分がAcroで何を達成したいかについて話したいと思います。せっかくインターンをさせてもらっているので少しだけでも貢献したいですしね。

 

結論から言いますと、自分がインターンを終えた後に、あのインターン生すごかったなという印象を植え付けたいなと思っています。方法は色々あると思いますが、今現在自分が実施しようと思うのはAcroquestに対しての英語面のサポートです。

 

ホームページの英語バージョンを作るのもそうですが、私は英語面でAcroquestをサポート出来ればいいなと考えています。今週からはもう一つのプロジェクト、英会話レッスンを開始しました。自分から企画したわけではないのですが、「やってみたらどう?」と言われたのでこれから毎週二回のレッスンをしようと思います。

 

f:id:acroquest:20160610165033j:plain

 

英語のプレゼンテーションが近日中にあるという事で、第一回のレッスンではプレゼンする際の注意点や英語の表現などについてレッスンしました。具体的には、どう挨拶するか、どのように中盤のトピックチェンジをすればいいかなどをディスカッション形式で話し合いました。当初はしっかりレッスンできるか緊張していましたが、話していくうちに緊張もほぐれてとても楽しかったです。

 

英語面のサポートにこれから更に力を注ぐ予定ですが、最終的には技術面でも「あのインターン生すごかったな!」と言われるようになりたいですね。たとえば形として何かを残すことをしたりとか・・・立つ鳥跡を濁さずなんて言いますが、自分は最低でも足跡くらいは残して飛び立ちたいです。(笑)

 

 

永井盛久

 

 

 

Today, I actually overslept on the train on the way to work. Luckily though, I made it on time for work. I will be more careful next time.

 

I have been working on translation project this week, and I have one more webpage to translate. Although I am pushing myself to finish the translation, it is hard to keep the quality of translation while speeding up the task. I am not too used to business English so it is very difficult to translate the information.

 

Anyways, I talked a bit about what I feel towards Acroquest yesterday, so I decided to talk about what I want to achieve during this internship. Because Acroquest is letting me experience all sorts of things, I want to leave something as a sign of appreciation.

 

So to jump right into the conclusion, I would like to leave something that could remind Acroquest of my existence. I am sure there are many ways to do this, but I am planning to achieve this by helping Acroquest improve on their English skills.

 

Translating the webpage is just one example, but I decided to start giving English lessons two times per week. I did not think of this idea myself, but I thought it was a good thing to do for the company.

 

Because there are presentations that need to be presented in English soon, I talked about what people should be careful of, and what kind of phrases people should use for English presentation. It was a discussion style lesson where we discussed about what kind of phrases should be used when they are introducing themselves, or what kind of phrases should be used when they are trying to move on to the next point.

 

I am planning to continue this effort, but I also want to do something with my technology side of the internship. It would be very cool if I could make something that could stay with the company, but if I can’t, I guess that’s fine too.

 

 

Morihisa Nagai