第十七日 「新しい」にチャレンジ/ Trying the "new"

犬よりも猫が好き、永井盛久です。 ちなみに実家にもマンチカンが一匹いて、毎日の癒しになっています。

 

今日から機械学習の作業に再度入りました。少し何をしていたか忘れていた部分もあったのですが、今日中にフェーズ2が終わりそうでほっとしています。予定では、あと一週間後に機械学習の方でも実践作業が出来るかもしれないという事なので、フェーズ3もスケジュール通りに作業を進めたいですね。

 

今日はインターンするにあたって自分が気を付けていることについて話したいと思います。自分はチャレンジ精神を常に持つようにしています。要するに、自分が今までやったことのない作業を率先してやってみるという事です。

 

インターンは初めての連続です。最初は色々な作業を頼まれて動揺してしまうかもしれません。この際、チャレンジ精神が薄いと「失敗してしまうかも・・・」、や「出来るかわからないな・・・」という考えが先に浮かぶのではないでしょうか?自分も最初はそうでしたが、とりあえず何事もやってみないと分からない!という精神で課題に取り組み始めてから、少しやりやすくなったのを覚えています。

 

f:id:acroquest:20160620165441j:plain

正直な話、インターン生が最初からすべてを完璧にこなせるなんて誰も考えていません。ですので、心配するよりもトライする姿勢を取った方が結果的には良い方向に転ぶと思っています。もちろん失敗は当たり前と考えるのは良くないですが、失敗ばかり恐れていると結局何も出来なくなってしまうので。

 

結果が出るか出ないかは別として、何事もトライしてみる事は出来るのでインターン生はどんどんチャレンジした方がいいと思います。実際私は機械学習以外の事もやっていますし、その分普通のインターンでは経験できない事を学べていると感じています。

 

例えば、今回の英訳ではこの様なプロジェクトに参加していました。(クリックでリンクに飛びます)。機械学習で応募したインターンでまさかこんなプロジェクトに参加するなんて・・・しかも、最初はこんなに大きなプロジェクトだとは知らずに英訳をしていました。私は英訳だけではなく、実際のプレゼンテーションのレビューも行い、英語でプレゼンを行うための英会話教室なども開きました。

 

このプロジェクトを通して学んだことは前の記事に書いてあるので割愛しますが、私はこのように率先してチャレンジしてみる事で貴重な体験をすることが出来ました。私のインターンはまだ残り一か月以上あるので、更に色々なことにチャレンジしていきたいですね。

 

P.S. 今日の写真は自分が実際に英訳したパワーポイントのプレゼンが行われている様子です。

 

 

永井盛久

 

 

I am finally working on my machine learning project again, and it feels pretty great. At first, it took me a while to remember what I was doing before I started my translation project, but now I am about to finish the phase 2 of the machine learning project. Apparently I can move onto real life application of my task, so I am pretty excited.

 

Today, I would like to talk about what I always try to remember when I am doing an internship. I always try to challenge myself and try new things at internships.

 

Internship is filled with new experiences. Everything you do will probably be new. If you are not willing to try new things, it will be hard for you to do pretty much anything during an internship. I personally think that you should just try everything before thinking about failures. After I switched my way of thinking to this, I was able to work better on my projects.

 

To be honest, the company is not relying on interns at all to begin with, so you don’t need to be too scared of making mistakes. If you keep on thinking about mistakes, you can’t start anything.

 

For example, I worked on a translation project that was for professors in Myanmar. I did not expect myself to be working on translation project, and I also did not expect myself to be part of such an important project. Besides from translation, I held English presentation lessons, and I did reviews for the actual oral presentation.

 

I will not dwell too much into what I learned from this project as I mentioned it already in the previous post; I was able to have a rare experience because I tried something new. Something that I wasn’t asked to do. I hope to keep trying new things and experience more and more during my time at Acroquest.

 

P.S. This photo is from the actual presentation that I translated.

 

 

Morihisa Nagai