第二十一日 長期インターンって何するの?/ What do you do during the internship?

アメリカのバーガーチェーンより日本の方が好きな、永井盛久です。ボリューム的には圧倒的なアメリカの勝利なのですが、メニューは日本の方が好みですね。そうなんです、同じチェーンでもメニューは日本とアメリカでは違うんですよ。

 

先週は、取材が来ていたり、社内のイベントがたくさんあったため、少し忙しい雰囲気の中で仕事をしていました。今週はそこまでではないであろうと思っていましたが、まだ何個かイベントがあるらしいです。

 

f:id:acroquest:20160627171822j:plain

さて、話は変わりますが、今日はAcroquestの長期最先端技術開発インターンで実際に私が一か月間何をしたか、そしてどう感じているか話せればいいなと思います。(Acroquest のインターンページを参考にどうぞ。

 

まず、自分は長期最先端技術開発インターンの中の、機械学習をしています。機械学習の中にも、たくさんの業務がありますが、私は未来予測というものを集中して勉強しています。インターンの期間は二か月半で、週四日出勤を自ら希望しました。

 

この二か月半、週四日間は長いと思われる方も多いかもしれませんが、これにはしっかりとした理由があるんです。その理由を説明するために、二か月半の技術インターンの流れを大まかに説明しようかなと思います。これは、プログラミングの経験が全くない場合の流れで、おそらく経験のある方は、今から書く課題の期間が短くなります。

 

まず、最初の3週間は技術力を鍛えるための課題をやります。もう少し具体的に説明すると、機械学習で何をするのかを明確にするための課題です。例えば、機械学習の根本的なコンセプトとは何か、又は、すべての機械学習で行われている作業のステップなどを学びます。その後、上手く行けば実案件に入ることが出来るかもしれません。今自分はここの境目にいます。

 

f:id:acroquest:20160627172009j:plain

 

たまに、一か月間だけ長期インターンを希望する人を見ますが、まず課題だけで3週間もかかるので、機械学習のい・ろ・はを学ぶだけで終わってしまいます。その後の実案件こそ一番面白い時期なのに、それをやる前にインターンを終えてしまうのは少しもったいないですよね。

 

また、週三回以上(個人的には週四以上)来れないと、日数が足りなくて実案件に到達できない可能性もあります。確かに、夏休みなので自分の時間が欲しいという意見は十分にわかりますが、週3回以上休みがもらえることを考えれば十分だと私は思いますね。

 

インターンに来る前にも一つ、実力チェックの課題を提出したのですが、その際は、課題の指示が少なくて大丈夫かな?と不安でした。しかし、実際にオフィスに来てみると細かく、一ステップずつ課題を練ってもらえていたので、しっかりとしたプランの上で作業が出来るんだなと安心しました。

 

一か月間(英訳のプロジェクトが2週間入ったので実質二週間半)この課題をやって、私はプログラミングについてかなり多くを学びました。例えば、機械学習での、特徴量抽出、学習、予測、検証方法などを用いて未来予測をする事が出来るようになったり。もし、このキーワードに興味を持たれた方がいるのであれば、Acroquestの機械学習の長期インターンを検討してはいかがでしょうか?

 

いつも言っていますが、結局はやってみないと何も始まりません。技術に自信が無いと言う方も、プログラミング経験無しの私だって楽しくPythonでコーディングしていますし、興味と気合だけでなんとかなります。(笑)きっと実りのある社会勉強になると思いますので、是非チャレンジしてみてください。

 

 P.S. 先週末は全社員で給与を決めるビッグイベントの全体査定会でした!私は参加していませんが、楽しそうな雰囲気が写真から溢れていますね。

 

 

永井盛久

 

 

I wrote last week that there were TV crew shooting our office for some TV program. I thought these events will be over by this week, but it turns out that there are more events coming up. Hopefully, those events won’t be distracting me too much.

 

Anyways, I would like to talk about what I have done so far during my internship and how I feel about it. I am currently doing machine learning, and mostly working on making a future prediction on sales. I asked Acroquest if I could get an internship for two and a half month, and four times per week.

 

Some students think that two and a half month is a bit too much, but I have a solid reasoning to explain why. For me to do that, I need to explain the overview of this internship. This case will be for people who haven’t had any experience in coding, so if you have a previous experience, the time you will be spending on the first project will be shortened.

 

First of all, you will be working on this project to learn what machine learning is for the first three weeks. During this time period, you will learn what kind of steps all machine learning go through, and how the basic concepts behind all of the steps. After this project, you will be able to move on to an actual project where you might deal with real data.

 

Some people only want to do an internship for a month, but this shows that it is simply not enough time. The most interesting part about this internship is actually working with others using real data, and trying to make a product out of your project. However, one month is way too short to do this.

 

I understand that some people want their own personal time during summer break, but I think you will get enough personal time if you decide to come to the office four days per week.

 

I had a task to complete before coming to this internship to check my abilities, but I was actually worried about this internship at that time because the instruction was very vague. I thought Acroquest might not be a caring place to be do an internship. However, once I started coming to the office, I found out that my boss had actually planned out all of the schedule beforehand, so I was reassured.

 

Through this first project, I learned so much about machine learning. Now, I can predict the sales if the data was given. If you are interested, you should give a shot at the technology internship in Acroquest.

 

As I said many times before, you don’t know anything unless you try. I had no prior experience in coding, and I was able to do it. I believe that you will be able to have a fruitful internship if you decide to come here.

 

P.S. Today’s photos are about the all staff meeting that Acroquest had recently to decide everyone’s salaries. I did not attend this meeting, but it seems that everyone is having fun.

 

 

Morihisa Nagai