第二十四日 プロジェクト外の活動/Activities outside my project

好きだった小学校の給食メニューはコーヒー牛乳でした。永井盛久です。コーヒー牛乳の次点ではきな粉味の揚げパンですかね。

 

なんと本日、ブログのアクセス数が2000件を超えました!本当にありがとうございます。これからも、ブログ更新を頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

さて、今回のブログですが、最近のプロジェクト外の活動について書きたいと思います。

 

前にも話しましたが、現在週二回、英語のレッスンを行っています。昨日のレッスンでは、まず慣らしにフリートークを。そして、本題の上司、同期、そして部下に対してどのように英語の言い回しを使い分けるかについて話しました。私は教える側なのですが、色々な質問から学ぶことも割と多いです。

 f:id:acroquest:20160701162443j:plain

 

例えば、”Must, Should, Would, Could, May, Can, Will…”などの言葉のリストの中で、どれが一番強い言葉かランク分けしていた際に、「ニュアンスの違いもありますか?」と聞かれて、「ああ、それもあるなぁ…」と考えさせられたりしました。いやぁ英語って難しい。(日本語より簡単ですが)

 

そして今日はなんと、ランチ時にアメリカの教育で習ったプレゼンテーションの知識を発表させてもらいました。まさか20人以上集まるなんて…緊張しすぎて最初は噛みまくりでした。(笑)内容としては、自分が個人的に気を付けている事、学校で教わるプレゼンスキル、そしてAcroへの提案についてプレゼンしました。写真を背景にしない事や、赤と緑を合わせて使わない事。自分が今まで習ってきたプレゼンテーションについての知識をすべて共有したつもりです。

 

f:id:acroquest:20160701162535j:plain

 

きっかけは、私が先々週の英訳プロジェクト中に英語のレビューに加えて、プレゼンテーションその物に対しても発言していたからです。正直、こんな機会をもらえるとは思ってもいませんでしたし、多くの人に参加してもらえてすごくうれしかったですね。そして、プレゼンが終わった後に中々面白かったという声をかけてもらって安心しました(笑)

 

やはり、会社にとってインターン生を取ることはかなりの負担です。特に、私の上司や周りの先輩方の効率は下がってしまっています。それなのに、私だけ経験を吸収してしまうと一人だけ得をしているようなものです。なので、私が知っている会社にとってプラスになる情報をこれからも共有していくことによって、お互いにwin-winのシチュエーションを築きたいと思います。

 

 

永井盛久

 

 

The number of access of this blog has gone over 2000 access! Thank you so much and I will work harder to make better blog posts.

 

Today, I would like to talk about my recent activities outside my main machine learning project.

 

As I said before, I have been giving English lessons twice per week, and in the most recent lesson, I talked about how to change the way you talk depending on who you are talking to. Even though I am the teacher for these lessons, I usually learn new thing about English from the questions that I get during the lesson.

 

I had a lot of trouble explaining the clear difference between words like ‘Must, Should, Would, Could, May, Can, Will’ . Not necessarily because they are hard to explain, but because there are some nuance things that can’t be learned unless you go to English native speaking country.

 

Today, I gave a presentation about all the presentation skills that I have learned through American education because Japanese schools don’t really teach their students about presentations. I was really surprised when I first heard that there were more than 20 people signed up for my presentation.

 

I talked about how I was taught to not use pictures as background, and not use distracting colors. Also, I talked a bit about the existence of a rubric. I am thankful that I get opportunities like this to present my knowledge to the company because it feels like I am contributing to the company’s growth. (I know, it’s not too much but still.)

 

As I mentioned before, having an intern is very hard for the company. They all have to help out the interns when they have questions. If I don’t do anything for the company, it feels like I am just stealing skills without giving anything back. Through these presentations, I hope to create a win-win situation with the company by providing knowledges that I have acquired.

 

 

Morihisa Nagai