第三十七日 もう一歩先を考える/More than just a game

やっと関東地方でも梅雨明けしましたね!永井盛久です。日差しが少しきついですが、久しぶりに明るい外を見ると元気が出てきます。

 

さて、今日はやっと成果が少し出ました・・・いやぁもっと早い段階で結果を出すべきだったのですが、今更考えてもしょうがないですね。もう少し具体的に言うと、複数の予測線をパラメータごとに表示させ、それを元データと比較できるようになりました。ただ、まだユーザー目線に立った時の考慮が足りていないので、更に良いものを作れるようにしたいです。

 

今日は、ランチ時に面白い話を私の上司にしてもらったのでそれについて書いていこうと思います。

 

始めはインターンシップなどについて話し合いをしていたのですが、トピックが徐々に変わっていき、ポケモンGOの話になりました。ポケモンGO?と思われる方もいると思いますが、違うんです。もっとスケールの大きい話をしていたんです。

 

実際に話していた内容は流行事を自分の事業やプロジェクトに結び付けて何が出来るかを常に考える事です。それに用いられた例がポケモンGOなのです。例えば、レストランなどにスポットを置いて特定のポケモンを出るようにすれば売上に結び付けることが出来そうですよね。そして、ポケモンGOと連動したサービスを作ることで来客数を増やすことも考えられます。

 

実際ポケモンGOは一種の社会現象になり、このゲームに便乗したビジネスがどんどん出てきています。その中、自分たちが今作っている製品やプロジェクトとポケモンGOを使って何が出来るかを考えてみると色々なビジネスアイデアが浮かんできますよね。

 

単純に「面白いゲーム」だけで終わるのではなく、どのようにビジネスにつなげることが出来るかを考えられるようになれば新しい事業につながります。常に最先端の技術を追求していくAcroquestらしい考え方だなと思いました。そして、今後私も、「こうすれば更に面白い!」と常にその先を考える思考回路を作っていきたいです。

 

f:id:acroquest:20160729183549j:plain

                                                 ポケモン X インフラ

永井盛久

 

英語は家に帰ってから書きます。

 

 

The monsoon season is now officially over in Kanto region and the bright sun has been shining down on us lately. I personally prefer sunny weather so I am enjoying the brightness. 

 

I finally was able to make the graph that we were looking for. It took me such a long time but at least I was able to accomplish something before the end of this internship. The program is not user friendly yet, so I still have lots more to work on. 

 

Today, my boss was telling me about Pokemon Go during the lunch time. You may be thinking "Why pokemon Go?" but there was a clear meaning behind it. We were talking about the business chances behind Pokemon GO. 

 

For example, if you can setup a spot a pokestop at a restaurant, you can definitely increase the number of customers who will come to the restaurant. The restaurant can think of some kind of a service related to that to increase profit. 

 

What my boss was trying to get at, is that you should always connect the popular things in society with our projects to make new service. By doing so, we can constantly come up with products that are needed in the society. In future, I hope to develop a mindset that constantly thinks of popular games as not just games but a possible business chance. 

 

 

Morihisa Nagai